2018年6月23日土曜日

不動産会社を選ばなくちゃ!(前編)

九州移住の前に、
今住んでいる家を売却しなければなりません。
まずは、不動産会社探しです。

家は夫との共同名義なのですが、夫は忙しいこともあり
不動産会社選びは、私に任されました。
大手で安心できそうな不動産会社を2社、適当に選んで、
ネットから査定申し込みをしてみました。
するとどちらからも、時間をおかずに「お礼の電話」がかかってきました。
電話でさっそくいろいろと質問攻めに!
そして、「できるだけ早く一度おうかがいして、物件を見せてもらいたい」とのこと。

やっぱりそうなのですね。
ネットで様子見て どこにするか考えよう……という考えは甘かった。
あと何社か、申し込むつもりだったのですが
この調子で一社一社に対応していたら大変なことになりそう。
とりあえず2社だけでストップです。

A社のほうは、20代後半とみられる男性が、まずは物件を見にいらっしゃいました。
態度も言葉もていねいです。
ただ、何となく漂う暗~い“必死感”。
それはそうですよね~。
営業なんだから、絶対落としてやろうと思ってますよね。
熱意が十分すぎるほど伝わります。

物件引き渡しまでのことを説明してくださり、1時間半ほどの滞在。
数日後に査定結果を持ってきます、ということでお帰りになりました。

次にB社の方からいらしたのは、30代半ばとみられる男性。
同じくていねいな感じで、一生懸命な熱意は伝わるのですが、
こちらはなんというか性格がおっとり、明るい感じ。
そして、A社と違うのは、もうこのときに査定結果を教えてくれたことです。

もちろん物件を実際に見て、老朽化の具合を知ることは大切だけれど
でも築年数とか、周辺物件の売却実績とか、データを見れば
おおよそのことはわかるのだそうです。

査定はあくまでも予想であって、実際には買ってくれる人との出会い次第です。
高く見積もってくれるほうがいいというわけではないということも、わかりました。

2社ともに、 支払う手数料などは同じですが、サービス内容は、少し異なります。
 心惹かれたのは、A社が提案してくれた、「ダスキ●のお掃除サービス」。
販売して内見が始まる前に、プロのお掃除業者の方が、
無料で水回りの掃除をしてくださるというのです。

でも私は今回、一番に 営業の方との相性を重視したいと思いました。
 なぜなら、引き渡しまでに数か月間、お付き合いすることになります。
メールのやり取りもたくさんあるでしょうし
実際に会う機会も何度もあるでしょう。
そして何より、うちのすべての事情(離婚を含め)を理解してもらったうえで
様々な相談をさせていただくことになります。
デリカシーのない人だと、きっと大きなストレスを抱えることになるでしょう。

一度会っただけで、私はもう、「B社だな」と決めていました。
性格的に気が合いそうというだけでなく、信頼できそうという感じもしました。
A社のお掃除サービスは魅力だけれど、自分で掃除頑張ろうっと。

でも不動産会社選びは、そんなに簡単ではなかったのでした……。(つづく)

2018年5月14日月曜日

福岡でバスに乗るとき、気づいたこと

出張で福岡に行きました。

福岡は、私が移住したいと思っている街。

市内の移動には、たいてい電車を使いますが、急いでいないときはバスを使います。
福岡市内には、バスがたくさん走っていて、とても便利です。

そこで気づいたことがありました。

福岡の人は、バスに乗るとききちんと並ばない。

もちろん、高速バスとか、長時間乗るバスなら別だと思いますが、
ふつうのバスに乗るときは、バラバラと、適当に乗るのです。

そういえば昔、北九州に住んでいた時もそうだったな~と
思いだしました。
東京住まいが長くなった私は、「もう、マナー違反!」とつい
イラついてしまうのですが…。

でも、よく見ると誰の顔も穏やかなのです。
「我先に」と急いでいる感じでもなく、
先を越されても、怒る人はいない。
たぶんケンカも起こらない。

東京にいると、
「整然と」「ルールを守る」ことがすごく大切で
守らない人にはすごく厳しい目が向けられてしまいます。
私自身も、向けた覚えがあります。
ちょっともたついただけで、舌打ちされたりするので
失敗しないように、いつも緊張している気がします。
それは、「人が多いから」というのもあるし
「皆が急いでいるから」というのもあるでしょう。
でももうひとつ大きいのは、「疲れているから」。

疲れていると、やさしくなれない。

正直言うと、私も会社員時代、ぐったり疲れているときは
お年寄りが目の前に立っても
「席を譲りたくない」と思ってしまうことがありました。
そんなに疲れている人になりたくないな、と思います。

福岡でホテルに一泊した翌朝、
大きな駅のコインロッカーに荷物を預けようと思いました。
最近のロッカーは、真ん中に操作パネルがあって、ひとりずつ順番に
料金を払い、ロックする仕組みなんですね。

パリッとしたサラリーマンの男性と
同時にパネルに手を伸ばそうとしたところ、思いがけず
「どうぞお先に」と譲ってくれました。

本当にびっくりしました。
会社員男性に、しかも忙しい朝に、何かを譲られるなんて。
こんな普通のことにびっくりしている自分がおかしいのかもしれません。

いつの間にか、私の中にはだいぶ東京が染み込んでいます。

東京に戻ったら、自分の中のギアをぐっと入れます。
周りに遅れないように、人に迷惑をかけないように。
電車の中の人の顔は、みんな疲れていました。
「疲れ」は伝染するのかもしれません。



2018年4月23日月曜日

松坂慶子になる日

長い間、このブログを休んでいました。
いろいろなことがあって、自分の生活や感じたことを
正直に綴る気持ちにはとてもなれませんでした。
でも、また再開しようと思います。

きっかけは、大学生の息子が家を出たことです。
ここ4年程二人で暮らしてきましたが、
あまりにも性格の違う私と息子は、ぶつかってばかりでした。

ある日口論をしているときに、「それは、アンタの価値観でしょ!」と言われ
そうだ、自分の価値観を押しつけるような母親は
一刻も早く離れた方がいい、と思いました。

それから慌ただしく引っ越し先を探し
数々の面倒な手続きに私を振り回したあとで
ついに、息子は出ていきました。
部屋に、大量のゴミを残して……。

私は全身を埃だらけにしながら
何時間も、無心にゴミ部屋と格闘しました。
ベタベタの床を雑巾がけしながら、ふと思いました。「今の私、誰かに似てる」

それは、蒲田行進曲の松坂慶子……。

そう思いながら掃除をしたら
なんとなく気分もアガリました。

掃除の後は、松坂慶子のように
ザパーッとシャワーを浴びました。

思うのですが、息子を持つ人の多く(多くないか、一部?)は
人生で一度か二度、松坂慶子になる日があるのではないでしょうか。

昔、弟が社会人になりたてでひとり暮らしをしていたときにも、
母と一緒に訪ねて行ったら
ゴミ屋敷になっていたことを思い出しました。

2人で、一日中洗濯機を回しながら
掃除をしまくって、へとへとになったものです。

そんな弟も、今では普通に二児の父親になり ました。
あの荒れた部屋にいたのがウソのようです。

息子は、またこれから新たなゴミ部屋をつくるのかもしれません。
私は手を出さず、遠くから見守るつもりです(と、少なくとも今は思っています……)

とにかく、こうして私は一人になりました。

今年中には、今の家を売って、故郷である九州に移住する予定です。
50代にして、新しい人生のスタートです。

その移住のてんまつを、これからこのブログに書いていこうと思っています。



息子の部屋から救い出した本たち。
これからゆっくり読み返そうかな……とワクワクしています。